心理カウンセラーのお仕事

心理カウンセラーが独立開業をする時のメリット&デメリット

心理カウンセラーとして独立開業する際には、カウンセリングに関する知識や技術を持ち合わせていることはもちろんのこと、それ以外にも開拓精神やマネジメント力が求められます。

 

クライアントがカウンセリングを受ける時には保険が効きませんので、1時間あたり1万円程度かかるカウンセリング料を得る事ができます。しかし、その全てを収入に充てることはできません。様々な経費がかかるためです。

 

病院の精神科で働くことを考えると、独立した方が損な気がしますが、民間の機関で個人的な相談に乗れる場所はそれほど多くはありません。しかし、クライアントからするとそのような機関を求めている人が多いのが事実ですから、私設相談所をかまえることを検討してみるのも良いでしょう。

 

カウンセリングでは心に抱えた悩みや問題を相談します。ですから、心のことを相談するのにカウンセリング料金が設定されていると、少し違和感を感じる人もいるかもしれません。冷たいと捉える人もいるかもしれません。しかし、クライアント側も料金を支払う分、カウンセラーに対して思いの丈を存分に打ち明けることができているとも考えられます。

 

病院やクリニックにおける精神科という場所では、診察を行いますが、心理カウンセラーの仕事は診察というよりも傾聴です。クライアントは診察をして欲しいというよりも、自分の話を聞いてもらいたいと思っている人が多いと言えます。ですから病院やクリニックと比べて私設相談が圧倒的に不利にはならないのです。

 

しかし、独立開業した後は、自分1人で全ての業務をこなさなくてはなりません。所属している職場が存在しているのであれば、常勤であろうと非常勤であろうと、周囲のスタッフから助言を得たり、協力してもらえることも多いはずです。ところが自分1人で開業するとなると、クライアントの心に責任を持つということをしっかりと理解して、個人でやっていく自信を持ち、人脈がなければ独立後に心理カウンセラーの仕事を続けていくことは難しいでしょう。

 

それから、臨床心理士や産業カウンセラー、認定カウンセラーなど、心理カウンセリングに関する資格は色々ありますが、これらを取得したからといって、すぐに仕事に就けるわけではないことを承知しておかなくてはなりません。

 

それでも開業したいと思うならば、たった1人でクライアントの相談に責任を持って乗ることができるように、教育や産業、医療の分野についてもしっかりと経験を積み、苦手な分野についても勉強をした上で独立を考えるべきです。

 

ただし、日本においては資格を持っていなくても開業することは可能です。様々な人生経験をしている人が資格を持たずに私設相談所をかまえているケースもあります。また電話やインターネットを用いてカウンセリングを行っている人もいます。実に色々なやり方があり、クライアントの希望にしっかりと乗れている相談所は連日のように予約が埋まっているそうです。

 

近年は不登校やひきこもり、いじめや非行、暴力などが身近な問題となっています。

 

悩んでいる側のクライアントはやはりその分野に長けているカウンセラーに相談したいと考えています。ですから独立開業をしたいと考えている人は、自分の得意な分野や持っている資格、心理療法などをしっかり公表していく必要があります。