心理カウンセラーのお仕事

自殺防止センターについて

自殺防止センターはボランティア団体であり、所在地は岩手県、東京都、愛知県、三重県、大阪府、宮崎県です。自殺防止センターでは電話での相談に乗っており、自ら死を選ぼうとしている、絶望的な気持ちを抱えている人々の相談に乗り、相手の話を真剣に聞いて、相談者の気持ちに寄り添っています。一歩間違えると死を選んでしまいかねない相談者とギリギリのところで、相談者の心の支えになるべく精力的に活動を行っているのです。

 

基本的には電話相談が中心なのですが、時と場合によっては面談を行ったり、手紙で相談に乗る事もあります。

 

自殺防止センターの応募資格は心身共に健康な20歳以上の男女であり、自分をしっかりと受け入れていて、精神状態が不安定でない人です。

 

また、デリケートな問題を扱う仕事ですので、当然ながら守秘義務が課せられますし、研修を受ける必要もあります。研修にかかる費用は3万円で、1,000円の年会費も必要です。当然ながら手当もありませんし、交通費も自己負担しなくてはなりません。

 

体験学習を中心とした研修では、前半は10週間かけてグループ研修を行い、その後に面談を経て、個人指導や電話実習を行います。それを終えると相談員として認定されるのです。

 

自殺防止センターは、その名の通り、自殺を思いとどまらせなくてはならないほど深刻な状態にある相談者からの悩みを聞くわけですから、相当に強靭な精神を持っていなくては務まりません。しかもボランティアですから、相談者がいつまでも話をやめなくても辛抱強く、相手の気持ちを考えて相談に応じなくてはなりません。それを覚悟していて、その上でこのような相談者たちを救いたいと考えている人はぜひ検討してみてください。