心理カウンセラーのお仕事

カウンセラーのやりがい

様々な悩みを抱えているクライアントは愚痴も弱音も吐きます。普段、周囲の人に言えない思いをカウンセラーに対してずっと話し続ける人も多いようです。中にはどうにもならないことを何度も繰り返し話してくるので、聞いている側のカウンセラーからしたら話を聞く事が苦痛になって来てしまうこともあるでしょう。

 

しかし、カウンセラーの仕事をしている以上は、そのような状況に耐えなくてはなりませんし、全てを受け止めてあげる必要があります。自分自身も同じような辛い思いをしたことがあるとしても、クライアントのことをしっかりと理解してあげなくてはなりません。

 

要するにカウンセラーの仕事をしていくのであれば、自分の感情を不安定にすることなく、コントロールできるようにすることが重要です。クライアントに引きずられてしまうようではいけません。

 

カウンセラーは心身共に健康でなくては務まらないのです。

 

クライアントが抱えている悩みや問題を解決するためには、クライアントが自分はどのようにしたいのか気付いて自分の意思で行動するようにならなくてはなりません。

 

カウンセラーはカウンセリングにおいていつも謙虚でいる必要があるのですが、いくら何年もカウンセラーをしている人であっても、時には自分が傲慢な気持ちを抱いていることに気付く時もあります。

 

また、クライアントが自分自身の思いをはっきりさせることができず、待っている内に自分の力不足を痛感して落ち込んでしまうカウンセラーも存在します。

 

カウンセラーとは言え、同じ人間です。状況がなかなか好転しないことに無力感を感じ、カウンセラーの仕事を辞めたいと思う人もいるでしょう。しかし、カウンセラーはどのような状況になっても全てを乗り越えていかなくてはなりません。

 

カウンセラーはクライアントの悩みを一度聞いた以上は最後まで責任を持って相談に応じる必要があります。どんな状況であっても、自分が辛い思いをしていても、クライアントを放り出すわけにはいきませんから、とても精神的に厳しい仕事であることは間違いありません。

 

そして、カウンセリング時にクライアントから聞いた相談をいつまでも抱えてしまってはいけません。話を聞いた時に感じた思いは後にまで引きずってはいけないのです。重い気持ちや未解決の問題を頭に残しながら別のクライアントと接する事は危ないことです。本人にとっても重い気持ちを蓄積していくことで問題が起こりかねません。

 

もし非常に難しい状況に直面したのであれば、先輩のカウンセラーに相談して、早急に解決するようにしましょう。

 

それから、カウンセラーはクライアントに対して正面から向き合うことが重要です。クライアントと同じ方向を向いて共に歩みを進める姿勢でカウンセリングを行うことが大切です。

 

カウンセリングの課程でもし亀裂が入ってしまったとしても、最後まで諦めることなく真剣に向き合えばきっと修復できます。クライアントは治療の課程で変化していきますし、成長していくものです。その姿を見て、カウンセラーもクライアントから学ぶ事ができますし、クライアントと一緒に成長していけるでしょう。これがカウンセリングのやりがいであり、醍醐味であると言えるのではないのでしょうか。